未分類

再就職のための面接では、中堅企業だったらほとんど、そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが・・

再就職の際の面接は、零細企業だったら大体、そこの会社の「人事」担当者が面接官ですが、どこでもそうとは限りません。例を挙げるとしたら、これからともに仕事をする作業部署の一番偉い人、要するに課長や部長クラスが面接の場にいることも珍しくありません。とくに事務職や営業職といった部署に転職する場合は、資格を介した見極めが難しいので、きちっと自分自身を売り込んでいくことがとても必要であります。
未分類

この先、社会的にはぐんぐんと単純作業は機械に入れ替…

近い将来、労働力という観点においてぐっと単純作業は機械で済まされるようになり当然の結果として必要なマンパワーは少なからず減少させられてしまいます。なぜなら、単純労働に関しては人が作業するよりも機械で進めたほうが比べられないほど能力が高いからです。例えば、数量をカウントしたり、同じ手順をずっと繰り返したりすることは機械では当然へっちゃらです。もちろん人と違って愚痴を言わず、疲れないし、横着をすることもないし、正確な作業ですし、均一化できるのも魅力です。
未分類

かつて何社かの人材紹介会社に登録していました。

私が転職を考えていた時期に何個かの人材紹介会社に登録していました。その時に感じたこと、それは転職アドバイザーのレベルに関しても色々あってほとんどの場合、満足できない感じるアドバイザーばっかりでした。私にとっては、とても大切なことなのにもっと思い入れを込めて向き合ってほしいという欲が募って、その事がきっかけで自分がキャリアカウンセラーになりたいと考えるようになりました。
未分類

派遣で働いています。派遣法や労働契約法のからみで不本意ですが…

派遣として働いています。派遣法とかのからみで不本意ですが長く勤務してきた勤め先での勤務があと数か月で終わります。同じ派遣である人の中には、派遣で就業している会社で正規社員の条件を得た人もいるのですが選ばれた理由としては正直なところ仕事の腕とは関係なく派遣先の上司へのあしらいがうまくてそのおかげでで採用された模様。
未分類

このように昨今の労働背景の変移に際して、社会人の…

今現在の会社や企業の労働環境の変化について、全世代の中で34歳ぐらいまでの若年層が特に関心を持って見ているようです。多分、将来を見据えた動向なのでしょう。ですから、サラリーマン・労働者といった人たちの労働市場の「流動化」が年々大きくなっているので、次第に今後、より広い世代で転職についての関心が増えると考えられます。
未分類

今日では、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようにな…

現代では、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件についての取り締まりが強化されたり、会社名が公表されたりと不利益を被るシステムができてきましたが、完全には至っていない状況です。だから、面接で見破る必要が生じます。とにかく、求人票等に書かれている労働条件を覚えておき、それぞれの項目についていろいろと質問してみることです。
未分類

在職していた会社で感じの悪い上司の存在に困ってしま・・

昔働いていた会社でのことですが相性の悪い上司に心をすり減らし、結局これ以上は無理だと思いその会社を退職し、同業者である他の企業に転職しました。新しい会社では居心地よく働くことができて非常に満足の毎日でしたが、時が経つにつれて業績が悪化して、ついにはとある会社に経営統合されることとなりました。
未分類

求人情報をチェックする時、例えば、「デスクワークがしたい」と思っている人…

求人サイトを見る際、例えば、オフィス系の仕事が希望だからと、はなから製造業をスルーしてしまっていますが、そのような人の多くは「製造業って、現場で製造する仕事しか募集しない」と間違って理解しているケースもあります。現に、製造業の求人であっても現場に出る仕事だけでなく経理、人事、総務などの人材募集から、資材、購買、営業管理のような「オフィス系」に分類される職も結構な数あります。
未分類

転職した場所では、年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

転職しようと思うなら、「年収」を高望みしないほうが無難です。転職して1年目は大方試用期間を含んでいる会社が多いものです。私の場合は尽力して手にした職なのに、予想に反して前職での稼ぎと年収とあんまり同じでした。それにプラスして、仕事はきついうえに、とても責任が伴うもので、1年目を乗り越えるのにひどく厳しかったです。
未分類

新しく就いた勤め先でこれまでのスキル・キャリア生かすことができれば、…

新しい勤め先で、それまでのキャリアを活かせられれば、即戦力として活躍でき、割と早く仕事場にも馴染めるし、同時に雇い主側もそのような即戦力は常に必要なので、タイミングさえ問題なければ、うまく事が運びやすいといえます。更に以前の働いていた仕事と近いジャンルであれば、確率は十分にあります。