看護師という仕事の人の違う仕事に転職に至る理由は、その人それぞれです。

看護師でありながらそれと違う職に転職を決断する理由・・

看護師という職業の人の違う仕事に転職を決断するキッカケは、人それぞれ。色々な事情があるはずです。ちょっとみると看護師の転職するには「職場の中に関わりたくない人がいる」「結婚がきっかけで一人とは変わって出産それと子育てそれから家族の介護など、環境のいろいろな変化など、これまでと同じような働き方ができなくなった」「現在の給与とキャリアとのバランスに不満を感じている」というような問題が抱えているのかもしれません。不満があるほど、急いで行動を起こしたくなりますが、転職を実際に決断するまえに、どうして転職をしたいとと、落ちついてゆっくりと客観視してみることもしてみてください。「本当に転職する意味があるのか?」と再考してみる必要は大いにあるものです。そのうえで決断してみましょう。

失業時、給付してもらえる「失業保険」は、失業中でなければ給付されません・・

失業者が受け取れる失業保険は、失業のあいだが給付の条件ですが、この給付には、しっかり「期間」があります。それまで働いていた期間によって変動し、90とか120日とか決定されるのですが、知らないで期間の制限ががないと思い込んで「失業保険を受け取れる間は遊んでいよう」という人がいますが、給付期間終了の1か月前になってようやく制度の真実に気づき焦りながら職を探し始めても好条件の仕事を探すのは難しいです。転職候補となる会社の面接官も無能ではないので、失業中にきちんと求職活動をしていたかといった点はそこそこわかるはずです。相手によっては、面接の際に失業中の求職活動についてことごとく聞かれることもあります。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、合格する可能性は限りなくゼロに近くなります。