転職活動と現職の同時進行を行っている人が多いです。

今の仕事と転職活動を並行する人は多いです。

転職活動を現職と同時進行させる人が多いです。けれども、忙しく仕事をしながら求人をチェックし、さらに応募手続きをし、面接に行くのは精神面も肉体面もかなり骨の折れる作業といえます。転職活動をしているあいだ、今の仕事の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなくてはなりません。とりあえず応募する、という人がいますが、仮に、書類選考をパスし、面接に呼ばれてから辞退すると今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントにサポートしてもらっていた場合は、エージェントに悪い印象を与えてしまいますし、そうではなく自分でダイレクトに応募したとしても、相手の会社からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。どちらにしても自分の大切な時間を浪費することとなるため、行くつもりのない会社は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は、新卒の就活とは全く違う、と認識しておくべきです。

転職活動をスムーズに行いたい場合、相応の準備が必要です。

転職する場合、然るべき準備をしておく必要があります。準備といってもたくさんあるのですが、とりわけ目に見える「服装」は気になるところだと思います。でも、最近の採用面接については形式ばらない服装を許可しているところもあるので、しっかりビジネススーツを着て面接に行く必要がないケースもあります。とくに会社の創設してすぐの企業などは、厳しいルールも作られてないことが多く、私服で面接を受けたほうが、相手に好印象を与えられます。そして、ざっくばらんに会話がしやすいのもメリットといえます。さらに私服だと、面接のなかで、ファッションについて、相手との話が広がる可能性もありますから、もしかしたら担当者へのアピールにもなります。ということから、転職にトライするなら「創業年数」を事前確認し、(ベンチャー系企業の)面接時には私服で挑んで見るのも良いかもしれません。