最近はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでな…

現代、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、…

  • 近年はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、「ヘッドハンティング」を専門に取り仕切る会社も増えています。特許権を取得した経歴のある人は、連絡が来る可能性が高くなります。彼らは、特許を出願した人に限らず、研究開発で論文を出した実績のある人や、メディアで取り上げられた人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人に狙いを定めて、電話やメールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのためのネタとしています。仮に、あなたがヘッドハンディングのような勧誘をされたときには、そのような心当たりを考えましょう。まれにヘッドハンティング名目として、登録料を要求してくる業者もあるらしいですが、その手の輩は完全なサギであるのできっぱりと断るようにしましょう。通常、ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払うだけで、転職希望者がお金を支払う必要はありません。
  • 一昨日転職先の会社を探すために人材バンクに登録をしに足を運びました。

  • 数日前新しい仕事先を見つけようと人材紹介会社へ登録に出向きました。登録時のカウンセリングに出てきた担当者が見た感じ仕事に慣れていない社員のようで、私が伝えたいことの3割も彼は理解できていない様子です。それでいて「キャリアデザインを変えた方がいいですね」とか「きちんと自分の強みを明確化するべきです」等、一人前のように横柄に話すから非常に嫌な気分になりました。カウンセリングをする人はある程度カウンセリングの経験がある社員にするべきだと思います。