転職をするに当たっては、今の職場や仕事の何に不満があるのかを…

これから転職活動しようと思うのなら、今現在の仕事や・・

  • これから転職やることに当たっては、今の職場・業務での納得いかない部分、不満に思う部分をリストアップしてみましょう。当然と思われますが、意外とできてないです。もともと不満な点が大きいから転職したいと考えているのは分かります。しかし「よく考えていまの職場・業務の不満なことを書き出す」ことを大半の人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職における後悔を減らせます。そのあとに、転職を叶えたとしたら、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を明確化してみましょう。転職できたとしても、現状の問題が全て改善するとは限りません。こうした整理をする事で、転職後のモチベーションの低下を抑えることはできます。
  • 転職候補先の見学ができれば、とても参考になります。

  • 転職したい会社で会社見学などがあれば、非常に勉強になります。そのなかでも「職人」がいる会社見学は、スキルを近くで見られるため、気持ちが高ぶります。でも、残念ながら「職人」がいる会社見学は、ほとんどの場合見学者には、いつもの現場を見せることはまずありません。その傾向が強いのはブルーワーカー(肉体労働)などの分野です。この業種では、独自の感覚を持つ人が多いので実際に入社してみないと、本来の姿は伺えません。そのため、「見学現場=仕事現場」と思わないことが無難です。ましてや、見学の時に実際に仕事体験させてくれる会社は問題がありますから良い会社とは言えません。雇用契約を結んでいない人には万が一ケガなどのトラブルに見舞われたとしても、保障が一切ないので、仮に、勧められたとしても丁重に断るとこが大切です。