転職活動をやっていると、例外なく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動中に、面接において絶対に尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動を行っていると面接において「志望動機」「転職理由」の2点は必ず質問されます。志望動機については、心で思っていることをそのまま話してもかまいませんが、これとは違い「転職理由」を、率直に伝えると問題があるかもしれません。転職理由でよくある報酬に関する不満、人間関係に対する不満など、面接官によいイメージを与えるものではありません。もっとも、自分が不利になることを馬鹿正直に話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しやすいので、遠回しに聞き出そうとしてきます。これに対して不満を言うのを回避する方法として、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。それにプラスして、この会社に入社してこんな貢献をしたい、「5年後にはこうなっているだろう」、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったような未来志向となるように、うまくかわしていきましょう。

  • 転職のための活動は希望する企業とのやりとりというより・・

  • 転職のための活動は希望先転職先の会社企業というより、具体的には「担当面接官」とのやり取りが肝心です。希望する企業に採用されるために、初歩として緊張せずに焦らずに対応することを心がけましょう。たとえば女性とお見合いをする気持ちで望むと緊張がとけるかもしれません。面接を通じてまず第一にあなたの内面的な素質を判断されるので悪い評価になるような身なりは注意し控えましょう。また社会人らしくきちんと整った服装で向かいましょう。魅力的な人物として、面接官に認めてもらえたなら、かならず自然と良い結果も出やすくなるでしょう。