転職活動をするとき、予め、ハローワークや求人雑誌の求人情報を閲覧したりし…

転職活動をするとき、事前にハローワークやネット上の求人情報を見たり・・

転職活動をするいあたっては、まず、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を見たりして転職したい会社を調査するはずです。当該会社がサイトや求人票に情報を出す際は、コンサルタントに相談をしていることが多いです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す達人です。仮に公開する場合でも差しさわりのない表現をします。その類の「社長インタビュー」などに関しては、半信半疑で聞いている方がいいです。美辞麗句を鵜呑みにしてしまった場合、「こんなはずじゃない!」と気が付くことになることが多いです。悪徳会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後、様々な言いがかりをつけて退社できないように策を練ってきます。このようなブラック企業には気を付けましょう。

「転職エージェント」は、一度登録したら、電話やメール連絡が呆れるくらい入ります。

「転職エージェント」で登録したあとに、電話やメールでの連絡が頻繁に来ます。これに関して「転職エージェント」の利用が初めての人はとても驚くことが多々あります。「転職エージェント」は、会員の転職を促すことが役割だといえるので、本当に積極的です。特に大手のエージェントは、転職を成功させると企業から報酬が支払われる仕組みのため、転職希望者の都合うんぬんよりも企業の都合を優先させることが多かったりします。さらに、彼らは、契約数を増やしたいために、内定が出るとすかさず、入社を積極的にすすめてくることが珍しくありません。防御策として自身の気持ちや意思をハッキリしておき、転職に妥協しないように注意することが必要です。