転職した場所では、年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

新しい転職先で、すぐに年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 新しい就業先では「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。ことさら、転職したはじめの年度は、大方「研修期間」が入っている会社があります。自分のときは、どうにかして手にした職なのに、予想と異なり前職の年間報酬とあまり同じだったことがあります。加えて、仕事は多様で忙しく、責任のあるもので、最初の一年を乗り切るのにたいへん状態でした。ではどうすればいいのか、初年度は、勉強に充てる年と捉えておき、極力転職前からお金をためておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。

  • 求人についての情報を見てみると、大部分の場合は大部分の会社で…

  • 求人情報には大部分の場合は大部分の会社では月の収入等が記載されています。この月収の箇所を調べれる時には、注意して確認する事が大事です。その数字だけ見て判断しないようにしましょう。というのは企業によっては、月収の額の中身に「毎月10時間の残業」が含まれているおそれもあります。何が問題かというと残業代の金額を含めて計算することで好条件であるかのように見せ、人材を募集しているケースも考えられます。さらに「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている可能性も考えられます。だから、こうして可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社は「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。