今日では、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようにな…

近頃は、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようにな・・

  • 現代では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、労働条件関係の取り締まりが強くなったり、悪質な会社が公表されたりするなど、厳罰を与える傾向にありますが、まだまだ物足りない状況です。そのため、面接で見破る必要があります。とりあえず、求人票などの労働条件を事前に調べ、ひとつひとつの項目について、堂々と質問しましょう。相手が「ブラック企業」な場合、質問したことが嘘であれば、明確に返答できなかったり、その場での回答を避けるなど逃げ腰になるでしょう。とりわけ給与や残業や休日に対しては、詳細について聞くと、渋い顔をするケースが多くあります。それでもしつこく聞くとブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされたような態度になってくるので、ブラック企業だということに気づきます。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、「何か引っかかる」と思ったなら、見抜いた方が後々いいと思います。

  • 新卒で入社した会社を辞めて、勇気を出して転職しました。

  • 新卒で入社した会社を離れ、転職することについて会社を退職する前は、非常にちゃんと転職できるか不安でした。でも、会社を数年で辞めて、中途採用として働いている人が大半であると私自身が転職したことで学び、無意識のうちに気が楽になりました。転職をするとなんだか考えも前向きになって、「自分の好きなこと」を探すのことが嬉しくなっていきました。やはり「続けてこその仕事」というような転職に否定的な意見もありますが、それが必ず正しいとは限らないと感じました。私の場合、否定的な意見を真に受けないで良かったみたいです。