女性の再就職において、今と一昔前では少し違いがあるようです。

女性が再就職するに当たり、数年前と現在とは少し状況に違いがあったりします。

女性の転職は、数年前と今日とでは多少の違いがあるようです。一昔前は面接のなかで、結婚観や出産後の仕事など、普通に質問されることが多くありましたが、近年では、こういった内容は、「セクハラ」と捉えられ、質問を避ける企業が増えています。とりわけ大きな会社ほど、NG質問として神経を尖らせているようです。ただ、企業側は、YES・NO、の2択ではなく、その女性の姿勢、結婚したあとどうするか、出産後の具体的な予定を当然、把握しておきたいとは思っているものです。自身の人生設計をわかっておいてもらうためにも、志望した動機や自己PRと並行して表現することで、相手側も考えがわかり、また、モヤモヤも解消できると思うわけです。たとえ、聞かれていない箇所もあなたから気遣って答えておくとよいでしょう。

転職の採用面接を受けにとある会社に赴いたときのこと…

転職時の採用面接に転職したい会社へ行ったときのことです。会社内の面接をする部屋がすべて他の客でつまっているということで会社の外で人事部の方と待ち合わせて面接をし、その場で解散ということになり、面接担当者もそのままそのまま自宅に帰るとのことでしたが、なんと自宅最寄駅が一緒。なので電車内においても面接担当者とずっとお話しながらいっしょに帰宅することとなって、すっかりリラックスして面接しているよりもお話が弾んで、それが功を奏したのかなんとか採用を獲得することができました。