転職を決めるあいだは、どうしても、時間に余裕がある・・

転職するための期間中は、無意識のうちに時間が有り余っているため・・

  • 転職活動中は、どうしても、時間に余裕があるため、だれた生活になってしまいます。ですが、そんな風な生活をするのはお勧めできません。なぜならば、だれた生活が当たり前になると、「メンタル面」にも悪影響があるからです。ですから、いつの間にか仕事をしようとする気力も失い、お金が回らなくなって困る事態となりかねません。そうなると、負のサイクルができてしまい、転職をしたい会社をなかなか決められなくなります。転職先が決められなくなるのは、お金を一番に考えてしてしまうからです。給料を一番に転職先を探すことになるとやりたかった仕事を求めて転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ですので、お金に縛られない生活を始める為にダラけるような生活は意識して避けるようにしてください。

  • 転職活動時に注意して欲しい募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料がよく…

  • 就職するため職探しをする際に注意して欲しい求人は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料が高く、拘束時間が長めのものです。このような求人内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んでいることが多いです。みなし残業代というのは、『みなし』とも言い、例えばですが、30時間、45時間という感じで求人の内容に時間が併記してあります。これは、月の中で残業が発生することが想定されるので給料形態に残業代を組み込む、といったものになります。(注・違法ではありません)もし『みなし残業代20時間込』とあれば、「記載時間分の残業代を含めると、この給料です」という求人になります。でも、悪質な求人には告知しておくべき『みなし』をわざと記載していない場合もありますのでしっかり気を付けてください。