大好き、を仕事にしたいと考えている人は注意した方が良いです。

得意なことや大好きなことを仕事にしたいと考えている人は注意した方が良いです。

  • 得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいと考えている方は注意が必要です。これは、私が体験したことなるのですが、私は、もともと食べることが趣味で以前は、飲食の世界に勤めていました。その飲食店での業務は、そのレストランで私が担当していた業務は、シンプルな盛り付けやホール業務でした。この仕事内容については、不満もありませんでしたし楽しかったのですが、職場の人間関係に疲れてしまったのです。そのことが原因で、退職したのですが、その結果、食べること、そしてその店で扱われていた食べ物さえも嫌いになってしまい、よく似た飲食店にはしばらく経った現在も行く勇気がありません。店のにおいを思い出すのも嫌です・・・。この仕事を始めたばかりの頃は、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分の大好きなことを仕事にしたいと夢見て、実現できるのは素敵なことです。しかし、あなたの「好き」のレベルはどの程度のものなのか、まじめに自分と向き合う必要があります。

  • 今現在の自らの職場や業務に対する何かしらの不満があるはずです。

  • 今の自らの勤め先や仕事の中身について大半の人は少なからず不満を感じていると思います。「自分のスキルや能力をきちんと評価してくれない」ゆえに、「年収アップも、昇進する可能性も見いだせない」と言う不満を漏らす人もいます。とはいうものの、そういった悩みを持っている人の中には、自らの本来の能力を実際よりも「過大評価」していることもあるのです。過大評価していることに気が付いていない人が転職しようとすると、「この企業や職種では、自分を活かせない」と仕事をしない期間が長くなるおそれがあります。という事態に陥りがちです。なので転職活動を円滑に行うためには、自身のキャパシティを冷静に客観視することから始めてみましょう。