再就職では、重要となるのがまぎれもなく「面接」である。

転職時に重要なのが「面接」です。

  • 転職活動において、かなり重要視されるのがまぎれもなく「面接」です。普通一般的な面接の際は面接官が当人に対して転職理由や退職理由などさまざまな質問を投げかけるでしょう。そしてほぼ100%、一通りの質問が終わると、転職希望をする人からの不安・疑問に感じることを質問できるチャンスがやってきます。担当者から、「なにか弊社についての質問はありますか?」と言ってくれるわけです。こんな時は、面接者本人が対応できず、慌ててしまう可能性もあると思います。そうならないためにも、事前に面接官からの質問に際し、聞きたいことを整理しておくことをお勧めします。すべてを把握していない職場ですし、いくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、試してみてください。

  • より安定した生活基盤を送りたいと正社員を目指している…

  • 安定した暮らしを送ろうと正規の社員を目指している人は多いと思います。ですが、努力しても、中々正社員として雇い入れてもらうことが難しいこともあるでしょう。派遣社員の求人情報はかなり充実しているのに、正社員の求人情報に拘り、時間だけが過ぎていく、といった人が最近は多いようです。仮にあなたが、転職希望先が正社員を必要としていないのなら、契約社員の募集もチェックしてみましょう。契約社員を募集している企業であっても、実力次第で、2,3年で契約社員から正社員への転換を狙えるところもあるからです。ですので面接時に「正社員登用」の可能性があるかどうかをヒアリングしても将来設計にも役立ちます。