就職活動において、年収は極めて重要な要素です。

就職活動において、年収は非常に重要なポイントです。

  • 就職活動において、年収はかなり重要な要素です。面接の時、ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき本当の年収を偽って、多く申告し、多額の年収を獲得しようと試みても、無駄でしょう。源泉徴収票が必要となるため、仮に一度は信じてもらえたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、遅かれ早かれウソはバレてしまうからです。ヘタをすると、トラブルになりかねないので、現職での年収を正直に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。ちなみに、今の年収が400万円の人が、転職して500万円となる可能性はまず無理です。仮に、現在の年収が430万円であれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくべきです。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなり、一時的に入社できたとしても、退職に追い込まれることを招きかねません。
  • 大手の「就職エージェント」ほど、潤沢な案件を持っている…

  • 大きな転職エージェントは、いろんな案件を取り扱っているという強みがあるといえますが、他方、転職希望登録者もたくさんいます。そのせいかあなたが、気になる案件を見つけたとしても、転職エージェントの担当者が「転職が難しい」と判断すると応募してくれないことも少なくありませんし、会社から見て自分より高く評価される人がいれば、その人を優先して送り込む傾向があります。このように大規模な転職エージェントは、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱い応募しがたいので、比較的規模の小さなエージェントに対し、応募したい会社や案件について相談し、応募できませんか?と話しをすると転職希望者のためにアプローチしてくれることもあるので、試してみるのも良いと思います。