クールビズ(軽装)の服装で転職の面接にチャレンジする際には…

クールビズスタイルで再就職の面接に行く場合、いくらなんでジャケットまで・・

クールビズをして転職の面接場に出向く場合、ジャケットはさすがに着込まなくても安心であると間違いなくわかるのです。ですが、ネクタイだけは着用しておいたほうが間違いないです。タイもジャケットと一緒でなくても大丈夫だと思っている企業も存在する可能性はあるにはあります。ですが、ネクタイに関しては例えクールビズが推奨されていても身だしなみとしてつける必要があると考える会社がそこそこ存在するわけです。そのような訳で、クールビズ(軽装)で大丈夫だと言われていてもネクタイだけは着用して面接した方が安全だということは分かっておいてほしいです。

長く接客業で務めていたのですが、歳をとると共に立って行わなければいけない仕…

長年接客業で勤務してきましたが、年齢的に立った仕事は体力的にきつく、座り仕事であるオフィスワークへの転職を考えて行動しました。事務の経験がない場合なかなか難しくて、それなら接客業の経験も活かせる受付兼医療事務を目指そうと考え資格も取り個人のクリニックに転職することができました。周りはベテランである先輩パートさんばかりで人間関係を築くのに手間がかかる。夜のシフトばかり押し付けられて、接客業で働いていた時よりも帰宅する時間も遅いのですが、とにかく今はキャリアを形成する時期だと受け入れて頑張ります。