看護師という職の人の違う仕事に転職する原因は人によって違うはずです。

ほかの職に転職する理由は人それぞれではないでしょうか。

看護師のそれと違う職に転職に至る理由は、人それぞれ。色々な事情があるはずです。それを見てみると看護師が他の職業への転職するには「職場に関わりたくない人がいる」「結婚で家庭環境の変化によって子育てそのうえに家族の介護など、種々の身近な家庭環境の変化によってこれまでのような仕事が難しくなってしまった」「現在の給与体系に不満がある」といったような悩みが考えられますね。不満があるほど、急いで行動を起こしたくなりますが、転職を決める前に転職したいと、改めて時間を掛けて現在の状況を客観的に見つめ直すことも重要です。「実際に転職して現状が良くなるのだろうか?」と再考したのち、決断されることを強くお勧めします。

失業した人が受け取れる失業保険は、失業状態でなければもらえませんが、…

失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業のあいだが給付条件ですが、永久に給付されるわけではありません。失業時までに働いていた期間によって変わり、3か月とか1年とかが決まるのだが、中にはこのような事実を理解していない人が少なくありません。失業を続ける限り給付されると思い込んで仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて求職活動をしない人もいますが、給付期間の最後1か月になった段階でようやく自分の勘違いに気づき大急ぎで就業先を探し始めてもうまくいく可能性は低いでしょう。面接に応じる担当者も無能ではないので、「いつ頃失業し、どの程度経過し、何をやっていたのか」といった点はそこそこわかるはずです。状況次第では、失業中の求職活動についてことごとく聞かれることもあります。しどろもどろになると受かるのは難しいでしょう。