現在の仕事をしながら転職活動をする人は珍しくありません。

転職活動を現職と同時に行う人が多いです。

  • 転職活動を現職と並行する人は少なくありません。ですが、仕事をしつつ求人をチェックしながら応募したり、面接に臨むのは精神面だけでなく肉体面も結構きついと思います。転職活動中は、現在の職場の同僚や上司に隠す必要があります。そういった状況で「とりあえず応募しておこう」と考える人がいるのですが、仮に、書類選考が通ってしまい、面接前にキャンセルすると今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。転職エージェントを間に入れて応募していた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、そうではなく自身でダイレクトに応募した場合も応募した会社から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。どちらにしても貴重な時間をムダにしかねないので、行く気のない案件は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は新卒の就活とは全く異なる、と徹底しましょう。
  • 転職活動にあたって相応の準備は必要不可欠です。

  • 転職活動には、準備は必須です。なかでも、「服装」を誰もが気を遣う部分ではないでしょうか。…が、ここ最近の、採用面接に関しては形式ばらない服装がOKな会社があるので、ビジネススーツを着て面接に出向かなくても良いでしょう。とくに創業したての新規の会社などは、厳しいルールも作られてないことが多く、私服で面接の場に行ったほうが、相手からの印象が良くなります。また、フランクに話ができるメリットも。さらに、私服を見せることで面接中、ファッションの事で話題が広がることがあります。ですから、うまくいけば担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。というワケで、今から転職は企業の創業年数で決めることが、(ベンチャー系などの)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負するのも良いかもしれません。