近頃、インターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社もたくさんあります。

今日はウェブ上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社も増えてきました。

  • 近頃、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、「ヘッドハンティング」を専門に行う会社も増えています。あなたに特許出願の経験があるなら、ヘッドハンティングの対象になりやすくなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許申請を行った人以外にも、研究開発で論文を世に出した実績のある人や、雑誌で紹介されている人など、何らかの業績を残したと思われる人をターゲットに電話やメールで連絡を取り、ヘッドハンティングのネタにしようと企んでいます。万が一、あなたがヘッドハンディングのような連絡をもらったとしたら、自身の過去を振り返って、「キッカケ」を考えてみましょう。あまりないことですが、ヘッドハンディングだと思わせて、登録料を要求しようとする業者もあるらしいですが、そのような会社は言うまでもなく嘘なので、無視しておくのが無難です。ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払う形になるので転職希望者が払う必要などありません。

  • 新しい仕事を見つけるために人材紹介会社へと登録に足を運びました。

  • 昨日新しい仕事を見つけるために人材紹介会社に登録に出向きました。そのときカウンセリングを行うために出てきた担当の人の雰囲気が見たところ仕事の経験が少ない社員のようで、私が説明した話の2分の1も理解できてないようでした。それにもかかわらず「キャリアデザインを変更した方がいいですね」とか「もっと自分の強みと弱みを明確化することが大事でしょう」とか、ベテランのように横柄にのたまうから非常にイラつきました。カウンセリングをする人はそこそこカウンセリングの経験がある社員にしてほしいと思います。