いよいよ転職することを考えているのなら、今現在の職・・

転職することをするのなら、今の仕事や業務での納得いかない部分、不満に思う部・・

転職することを考えているのなら、現状の業務や業務での納得いかない部分をハッキリとさせておきましょう。当然と思われますが、意外とできてないです。そもそも気に入らないことがあるから転職したい、と考えるのは分かります。でも「きちんと今の仕事の客観的に考えた問題なことを明確化する」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びに失敗するリスクは減らせます。それを終えたあと、転職を叶えたとしたら、「今よりも不便になること」をしっかり想像してみましょう。転職できたとしても、すべての問題が解決するとは限りません。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職後の急激なモチベーションのダウンを未然に防ぐことが容易になるはずです。

転職候補先での会社見学に参加するとすごく勉強になります。

転職候補に挙がっている会社で見学しておけば、非常に参考になります。また、「職人」のいる会社なら、腕を見るのがワクワクします。しかしながら「職人」がいる会社見学では高確率で見学者には、実際の働き方を見せてはくれないものです。典型的なのは、ブルーワーカー(肉体労働)などのジャンルです。この業種では、個人のプライドが強いので入社してからでないと、本来の姿はみえません。ですから、仕事=見学内容と解釈しないことがとても重要なのです。ましてや、見学の時に実際に仕事体験できる会社は倫理的にアウトですから選択肢に入れるのはおすすめしません。正規雇用が結ばれていない場合、仮に何かしらのトラブルが起こっても、それに対する保証も一切ないので、万が一、勧められても丁寧に断っておくようにしましょう。