転職活動をやっていると、面接で必ず質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしていて面接のときに例外なく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動を行っていると面接において「志望動機」「転職理由」の2点は高い確率で質問されます。これらのうち志望動機については、隠さずに話しても差し支えないですが、これと違って転職理由について正直に伝えるのは得策ではありません。例をあげれば収入に対する不満、同僚や上司とのイザコザ、職場内での問題点など、面接担当者に悪い印象を持たれるものです。とはいっても、自分にとってマイナスになると予想されることを馬鹿正直に話す人はほとんどいないと思いますが、転職先となる企業は、そのような部分を重要視している傾向があるため、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。これに対抗して悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の仕事の内容以外のことを話さないように心がけることです。加えて、「入社後、〇〇をしていくつもりです」、5年後はこうなっていたい、そのために御社に応募しました、と志望動機にすり替えてしまうのです。
  • 転職活動で重要なことは企業そのものというより、どちらかというと「担当面接官」との…

  • 転職のための活動は希望している企業そのものより、どっちかというと「担当面接官」との勝負ともいえるでしょう。希望する企業に採用されるために、ゼッタイに面接の時間になる前に焦る気持ちを捨て、平常心を意識しましょう。例えればお見合いするかのような姿勢でいる望むのも大事でしょう。とくに面接に進むと第一歩としてあなたの「人間性」を判定されるので悪い印象を与える言動は注意しやめましょう。また常識的な社会人らしく整った服装を意識してください。あなたらしさを表現できるといいでしょう。面接官に企業に適した人材と認識されれば、良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。