将来に目を向け、楽しく過ごしつつ、再就職に向けての転職活・・

楽しみながら転職と向き合えれば、メンタル面での負担も少ないので・・

将来に目を向け、楽しく再就職をすることができたら、精神的な重荷も少ないので、転職先が見つかるまでの間の堕落も避けられます。そのうえ精神的な部分が健やかであれば、割と早く転職先も見つかるはずです。一番の理想は、やはり、休職期間を作らずに新しい勤め先を見付けることが大切です。今の仕事を辞めずに新たな仕事を探すのが理想です。それに、間をおかなければ退職後、直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。そうしておけば、職歴にも空白期間が無いので履歴への影響も回避できます。要するに、転職の時に不利になることがないということです。今後のことを鑑みながら、うまく転職活動を進めていきましょう。

転職の際、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方に…

転職の際、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人にチェックしてもらいたい箇所があります。なんとなく派遣に関しては、データの入力、電話対応などの雑務、雑用等をといったものを連想する人が多いはずです。本音を言うと私も今の企業に入社するまでは「派遣社員」の募集を見て応募したときには「業務は電話対応になります」と採用の際に派遣会社から伝えてもらっていました。しかしいざ仕事に就くと、まさか「電話対応」以外に、辞めた正社員の業務の穴埋めを指示されました。とくに何をしていいのかもよくわからず、はじめの説明とは全く違うのでとても困惑しています。とにかく、ひたすら「契約期間が早く終わらないかな・・・」と願うばかりです。