転職をするとき、前もって、求人雑誌を見たりして転職したい会社を調査するでしょう。

転職するのなら、予め、ハローワークやネット上の求人情報を見たり…

  • 転職をするとき、あらかじめ、ハローワークの求人票や求人雑誌を見たりして転職したい会社を調べるでしょう。当該会社がどういった情報を表に出すかは、コンサルタントが付くことが多いです。コンサルタントは、会社に都合の悪い情報を隠すプロでもあります。たとえ公表したとしても差しさわりのない表現をします。そういった社長の方針や社員の感想に関しては、それを鵜呑みにするのではなく、参考程度に聞いておいた方がいいでしょう。仮に心地よい言葉を鵜呑みにしてしまうと、「こんなはずじゃなかったのに・・・」とあとで後悔するかもしれません。悪意ある会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後、いろんな言いがかりをつけて退社させないように仕向けています。この手のブラック企業には注意しましょう。
  • 転職サイトに一旦登録すれば、電話やメールでの連絡が執拗に来ます。

  • 転職エージェントに一旦登録すれば、電話・メールで何度も連絡が入ります。そのため初めて利用された人は非常にびっくりするケースがよくあります。「転職エージェント」は、利用者の転職をサポートすることが業務だと考えられるので、非常に積極的にかまえています。とりわけ大手エージェントは、転職を成就へと導くことで企業からお金を受け取る仕組みといえるので、転職希望者の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが多いものです。彼らは、成約数を増やしたいがために内定が出るとすかさず、入社を積極的にすすめてくることがよくあります。防御策として自身の気持ちをハッキリしておき、転職に妥協しないように注意することが重要です。