再就職のための採用面接では、中堅企業クラスの場合、その社内の「人事」担当が面接官になります・・

転職の際の採用面接では、中堅企業であればおおよそ「人事」が面接官ですが・・

  • 転職の際の面接は、中小企業であれば、概ねそこの会社の「人事」担当者が面接官ですが、場合によっては違うこともあるようです。例を挙げるなら、今後一緒に仕事をする責任者、言い換えれば課長や部長クラスが面接を担当する可能性も考えられます。とくに営業職や事務職に転職する際は、資格を介した判断がしづらいので、なんといっても自分という人物を売り込んでいくことで好印象を与えられます。面接担当の人たちに「この人は、きちんと自己アピールできるし、それに戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことが大事です。
  • 転職をする際に閲覧する募集事項については、基準的なものとして、アバウ・・

  • 転職をする際に見ることになる仕事の情報というのは、基準的なものとして書かれている、という確率があります。ですから、書かれている内容は全部正しいことだとは考えない方が良いでしょう。その中でも特に給与の額などにおいては、平均的な額なのか?最低額なのか?それとも最高値の金額であるのか?というような評価ができないケースが多く、自分で勝手に考えてしまうと、後から悔しい思いをするかもしれないのです。そのため、悔いることのないように、募集内容についてはおおまかなものだと思って、そういったようなたいへん重要な内容は会社側に直接確認を取ってみた方がよろしいです。