転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうなら…

転職される人で次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合…

近いうちに転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうならできれば「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。これは今働いている会社側が社員に「雇用保険」を払ってくれている場合は、手続きをすれば失業手当を誰でも受け取ることができます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行います。もしも自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、勤めている企業の都合の退職、または残業時間次第で日数をおかずすぐにもらえる場合もあります。もらえる「失業手当」の金額については、会社の仕事を辞めた月の直近の給料を基準にして手当の額を算出されるため、もし、繁忙期や閑散期がある方は「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

『なるべく早く転職したい!』と思っていて、未来の進む道もハッキリしているのな・・

『なるべく早く転職したい!』と考えていて、自身の意志が固いならば退職したいという旨をすぐに上司にそのことを伝えるべきです。ただし、そのときに曖昧な表現をしていると、もしかすると言いくるめられるおそれがあるので要注意です。また、実際にわたしが転職をすると話した時にはスンナリと受理されずにおよそ半年、予定が伸びてしまいました。最初に直属に上司に話した時は年度末、実際では数ヶ月働くことになり、退職が認められたのは同年の11月です。予定では、区切りの良い年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、あれこれと理由を付けられて、かなり伸びてしまいました。会社としても人事的な都合もあるとは思いますが、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでその会社に対しての前の職場に対してガッカリしました。