転職活動では、履歴書と職務経歴書が重要になってきます。

転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書が必要になってきます。

  • 転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書が重要です。大半の会社が履歴書に加えて職務経歴に書かれている内容を見た上で面接するかどうかを判断するため、まずはこの2枚の書類の作成が重要なポイントといえるでしょう。ただ文字を書きさえすればいいというわけではなく、内容が魅力的であることも重要です。「職務経歴書」は、過去に経験してきた職務の詳細に加え、可能な限り、アピールできる内容を書き出します。さらに、過去以外にも、現職で挙げた実績も価値があります。例をあげれば売上を前年比○パーセントアップさせた、など具体的に記します。もしも、作成が難しいと思うなら、「転職エージェント」に職務経歴書の推敲を手伝ってもらい、良い文章を引き出してもらうなどしてみましょう。自分の価値が高まるように、利用することも良い結果を導きやすくなります。

    転職すると大体の場合、それまでの会社の仕事での記憶は大方、美化されます。

  • 仕事を変えた際には、だいたいの場合は前の仕事の記憶は美化されます。実際のところ今の職に不満があるから、良い方向に進もうとやっと退職を決め、転職を決めたはずなのに、いつしかなぜかわからないけれど新しい会社よりも「前職のほうがマシだった」と感じ始めるのです。それというのは極めて普通のことで、以前の職では仕事に慣れ切っていて普通にやるべき業務ができていたからが、もっともというのもあります。その一方、「辞めるべきではなかった」と心底悔やむほど、前の会社のほうが仕事に対してのやりがいや自分に合っていた可能性もあるはずです。