女性の転職に関しては、セクハラが社会的に問題になる前と今現在と・・

女性の再就職については、数年前とここ最近とでは若干、状況に違いがあったりします。

女性が転職する時、数年前と今日とでは多少の変化があるといいます。以前は面接の際に、「結婚観」や「出産後の予定」に関して、普通に女性に質問していました。ですが、現代では、そのようなデリケートな内容は、セクハラに該当するとして聞かない会社が当たり前になりつつあります。そして、特に大きな会社の場合は、神経質になっています。けれども、面接する側としては、はい・いいえ、の2択でなく、その人の価値観、結婚した後は退職するのか、出産後の具体的な予定を把握しておきたいとは思うはずです。自身の将来設計をわかってもらうためにも、志望動機・自己PRと一緒に言い表すことで、企業側にも認識してもらえ、判断してもらいやすくなると考えられます。ということで、質問されていない内容でも、こちらが先んじて気を遣って答えておくのが良いでしょう。

転職の面接を受けにとある会社に出向いたときのことです。

転職の面接にある会社に伺ったときのことです。その会社の会議室や応接室がすべて他の客でつまっているということで会社外部で待ち合わせて採用面接を行って、その場で解散をして、面接担当者も会社に寄ることなくそのまま自宅に帰るとのことでしたが、奇遇にも自宅からの最寄駅が同じ。そのため電車の中でも面接官とずっとおしゃべりしながらいっしょに帰宅することになり、すっかり打ち解けて面接より話が弾んで、それが奏功したからなのか無事に採用を獲得することができました。