好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている方は注意した方が良いです。

大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている人は注意した方が良いです。

  • 自分の得意なことや好きなことを仕事にしたいと考えている人は注意です。これは、私の経験に基づいたことなるのですが、私自身、食べることが大好きで以前は、料理店で仕事をしていました。その飲食店での業務内容は、そのレストランで私が任されていた業務は、簡単な盛り付けやホール業務でした。この仕事内容については、嫌とかいったこともなく楽しみながら仕事ができていました。ですが、職場の人間関係でとても嫌になりました。そのことが理由で、退職する羽目になりましたが、そのせいで、あんなに好きだった食べること、またそのレストランでメニューとして提供されていた食べ物も苦手になってしまい、よく似た飲食店にはしばらく経った今も行けません。当時の店の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。仕事に就いたばかりの頃は、大好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。自分自身の好き、を仕事にしたいと思い、実現させることは本当に素敵なことです。しかし、あなたの「好き」はどのレベルのものなのか、冷静に見直す必要があります。

  • 今現在のあなたの職場や業務内容について大半の人は、何かしらの不満を感じているでしょう。

  • 今現在の職場・仕事内容についてほとんどの人は不満を感じていると思います。「自分の持っているスキルや能力を正当に評価してもらえない」そして、「年収は変わらないし、昇格する可能性も見いだせない」と言う不満を漏らす人もいます。ですが、そんな人の中には、自分の持っている技量を過大評価し過ぎていないか、改めて確認することが大切です。仮に、自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍するための求人がない」と中々就職先が見つからないことになりかねません。という事態に陥りがちです。そういうわけで再就職で好結果を出すためには、自身のキャパシティを把握することが大切です。