これから先、転職活動をされるなら、気になった求人(OR 業種・・

転職活動をされるなら、気になった求人(OR 職種)を見付けるたび・・

  • 転職活動のとき、気になる求人(もしくは職種)を見るたびに忘れず「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネットでチェックしておきましょう。求人票・転職エージェントからは業界のデメリットなどは、知ることができない、と思っておくべきです。もしも、やましい箇所がある場合は、ネット検索を通じてカンタンに本来の姿を理解できるでしょう。そのような現実を知らずに入社すると、後々に落胆してしまう可能性もあります。だいたい求人が出ている理由が「仕事の内容がキツイから入っても続かない」というケースも多くあります。目に留まった業種について、しっかりチェックしたうえで応募しましょう。

  • 仮にあなたが転職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」など、…

  • 転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Iターン」といった形で、都市部から地方に引っ越したうえで再就職したいと思っている人が、近年増えています。この頃は求人情報サイトを用いれば、郊外・地方での求人情報にも手軽に知ることができますが、ただ、地方や郊外での求人情報では、都市部のそれよりも内容が薄く、数も少ないというのが大きく違うところで、デメリットでもあります。ですから、求人情報サイトのみに執着するのも考えものです。求人サイトにプラスして、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトもまめにチェックしておきましょう。「地方自治体・商工会議所」などの行政が開催している就業サポートの有無もアンテナを張っておきましょう。