転職活動をしていると、「年収」に関しての話題は必ず出ます。

就職活動において、年収は非常に大事な要素です。

  • 就職活動において、年収はとても重要な要素です。面接の際、ほとんどすべての企業で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。ここで実際の年収より多く言って、転職先の年収を引き上げてもらおう、とは思わないようにしましょう。というのは、「源泉徴収票」が必要となり、仮に一時的に信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結局は後からバレてしまいます。トラブルに発展する可能性もあるので、現在の年収をハッキリと伝え、それに見合う希望年収を設定するのが一番良いです。例をあげると、現在の年収が300万円の方が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばほとんど場合ありえません。仮に、今、430万円の年収であるのなら、希望額は400~450万円と伝えておくとよいでしょう。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に入社できたとしても、退職せざるを得なくなるおそれもあるので、注意しましょう。

  • 大きな転職エージェントは、多くの案件を抱えているといえますが…

  • 転職エージェントは大手であるほど、多数の案件を抱えているというメリットがありますが、一方、転職希望登録者も多くいます。それゆえにあなたが気になる企業を探し出したとしても、担当スタッフのほうで「転職できる見込みがない」と判断すると応募してもらえない場合もありますし、企業から見てあなたよりも有能なライバルがいると、その人を優先して売り込もうとするのです。大規模なエージェントは、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱いそこそこ難しいので、発想を変更して中小規模のエージェントに対し、応募したい会社や案件に関して相談し、応募できないものでしょうか?と尋ねてみると自分のために働いてくれることもあるので、そういった活用も良いかもしれません。