看護師のほかの仕事に転職に至る理由は、人それぞれです。

看護師という職業の人のほかの仕事に転職を決断する理由…

看護師という職の人のそれ以外の職業に転職する原因はその人それぞれ。色々な事情があるはずです。転職には「職場の人間関係の中にウンザリしている」「結婚がきっかけでライフスタイルの変化によって出産・子育てそれから親の介護など、環境の種々の変化など、今までのようには仕事が難しい」「収入面で不満を感じている」というような問題が解消したいために転職されるのかもしれません。ですが、転職を決断する前に、「どうして、転職しないとダメなのか?」と、頭を冷やして冷静に、現在の状況を客観的に見つめ直すこともやっておきましょう。「実際に転職して現状が良くなるのだろうか?」と再考したうえで決断されることを強くお勧めします。

失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業していることが給付の必要条件ですが…

失業した際にもらえる失業保険は、失業していることがもらうための必要条件ですが、延々と受け取れるワケではなく、「期間」があります。離職時までに働いていた期間によって変わり、3ヶ月とか1年と決められるのですが、中にはこの事実を知らない人がいたりします。失業を続ける限りもらえると思い込んで失業保険で食べていけばいいと考えて遊び続けている人もいますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き大急ぎで転職活動を始めても好条件のところを探すのは難しいです。転職を希望している会社の面接官もアホウではないので、「いつ頃失業し、どの程度経過し、何をやっていたのか」についてだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。運が悪ければ、面接の際にそういった質問をされるキケンもあります。答えに詰まったり、不自然な嘘をついたりしていると、採用は極めて難しくなります。