転職活動と現職の同時進行を行っている人は少なくありません。

転職活動と現職の同時進行を行っている人が多いです。

転職活動と現職の同時進行を行っている人が多いです。ただ、忙しく仕事をしつつ求人情報を調べて、その応募手続きをしたり、面接に行くのは心身ともに負担がかかるといえます。今の職場の同僚や上司にバレないように振る舞わなければいけません。そんな状況下で、「とりあえず応募しておこう」という人がいますが、仮に、そのまま書類選考が通り、面接の段になって辞退すると今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。転職エージェントを使って応募していた場合は、そのエージェントからの心象が悪くなりますし、それとは異なり直接応募していたとしても、相手の会社からしつこく電話やメールがあることもあります。どちらにしても自身の貴重な時間をムダにしてしまうおそれもあるので、行くつもりのない会社は、最初から応募しないのが正解です。新卒の就活とは全くことなることを意識しておくと、賢い判断ができるはずです。

転職する場合、然るべき準備はやらなくてはいけません。

転職する場合、準備は不可欠です。とりわけ目に見える「服装」は誰しも気を遣う部分ではないでしょうか。しかし、今の採用面接については形式ばらない服装がOKな会社も多いので、スーツで決めて赴く必要がない場合もあります。会社の創設間もない会社などは、厳しいルールも作られてないことが多く、私服で行ったほうが、相手からの印象が良くなります。正装でないので、堅いイメージを与えないのでフランクに話をしやすくなります。さらに私服だと、面接時に、洋服で、相手との話が広がる可能性もあります。ですから、面接担当者と仲良くなれる期待ができます。ということで、転職をするつもりなら、企業の創業年数で決めることが、(ベンチャー系の)面接時には私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。