近頃、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも・・

現代はネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社をよく見かけるようになりました。

近年、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社もたくさんあります。「特許」を出すと、連絡を受ける可能性が高くなります。彼らは、特許申請を行った人に加えて、「研究開発論文」を発表した人や、雑誌で紹介された人など、何らかの業績を残したと思われる人に狙いを定めて、電話やメールで勧誘をして、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。仮にあなたが、ヘッドハンティングっぽい話をされた場合は、そのキッカケを考えてみましょう。たまに、ヘッドハンディングだと思わせて、登録料を要求してくる業者もあるらしいですが、そのような会社はほとんどは詐欺なので、無視しておくのが無難です。報酬は登録している会社が払うので転職希望者がお金を払う必要などありません。

3日ほど前転職活動の一環として人材紹介会社へ登録に出向きました。

一昨日仕事を探すために人材紹介会社に登録に向かいました。カウンセリングに出てきた担当の方が見た感じ学生と見間違うほどの若い社員で、こちら側が説明をしていることの半分もその社員は理解していないように思えました。そのくせ「キャリアデザインがまだまだですね」とか「きちんとと自分の強みと弱みを理解しておくことが大事でしょう」とか、経験豊富なベテランのように横柄にしゃべるから非常に不快でした。カウンセリングをする人はある程度仕事の経験がある人にしてほしいものです。