いよいよ転職活動を希望しているのなら、今現在の職場での納得いかない部分…

転職することを考えているのなら、今の業務や業務の何に不満があるのか…

  • そのうちでも転職することを予定しているのなら、現在の業務や業務での不満に思う部分をリストアップしてみましょう。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。元々気に入らない点にガマンできないから転職しようと思っているはずです。でも「ちゃんと客観的にみた満足できないことを列挙する」ことが出来ている人は少ないものです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職における後悔を減らせます。そのあとに、仮に転職した場合、「今よりも不便になること」を明確にイメージしてみましょう。転職できたとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職したあとのモチベーションの急激な低下は未然に防ぐことができるでしょう。

  • 転職したい会社で見学などがあるとたいへん勉強になります。

  • 転職先で会社見学しておけば、すごく勉強になります。とくに、「職人」のいる会社なら、職人技を近い距離で見られるので気持ちが高ぶります。しかしながら「職人」がいる会社見学では見学者にはほとんどの場合、普段通りの仕事風景を見せてくれることはありません。特にその傾向が強いのはブルーワーカーなどのジャンルです。個人のクセが強い業種であるため、実際に働きだしてからでないと、本来の姿はみえないものです。なので、会社見学で見たものをすべてだと決めつけないことがとても良いです。それに加えて、会社見学時に仕事を体験させてくれる会社は倫理的にアウトですから良い会社とは言えません。正規雇用が結ばれていない場合、仮に何かあっても、保証がないので、担当者から勧められても角が立たないように断っておくようにしましょう。