転職活動を行っていると面接のときにほぼ例外なく「志望動機」「転職理由」の2点を訊かれます。

転職活動をしている際に、面接で例外なく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動をしていて面接時に必ず尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機に限っては、隠さずに話しても差し支えないですが、これとは異なり転職理由について率直に伝えるのは得策ではありません。例をあげれば収入に関する不満、人間関係に対する不満など、採用担当者に悪い印象を与えるものです。もっとも、自分が不利益を被ると予想できることをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、転職先企業はその点を重要視しているため、慎重になりつつ、あなたへ探りを入れてきます。悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の業務内容以外を一切話さないことです。それにプラスして、この会社に入社してこんな貢献をしたい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形でうまく話をすり替えましょう。

転職活動といえば、希望する企業とのやりとりというよ・・

転職活動といえば、希望している企業そのものよりも、具体的には「担当面接官」とのやり取りが肝心といってもいいでしょう。しっかりと採用してもらうために、はじめに肩の力を抜いて焦る気持ちを抑えて平常心を強く意識しましょう。例を挙げるとお見合いをする姿勢で望むと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。面接に進むと第一歩としてあなたの人柄や人間性を見られるので悪い印象を与える言動は注意しゼッタイにやめましょう。なおかつ社会人らしいきちんと整った服装を意識してください。企業にとって採用したい人材と感じてもらえれば、きっと良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。