経験のない分野などに転身を行う際は、以前の職で育んできた腕前や…

未経験である業種などに転業する際には、以前の業界で培ってきたスキル…

全く経験のない業種などに転職をしようとするときには、自分が以前の職場で養われた能力や今までの経験値が生かせるといった内容の訴えが必要になります。働いたことのない業種の場合、その分その分野を経験している人よりも実際のところ、不公平な状態になりますが、自分が保持している力がそこでも生かせるということをしっかりと相手に伝えることができれば、戦うことができるケースもあり得ます。そのような訳で、未経験であるジャンルに挑むときには、その業種とこれまでに自分がしてきた職務との関連を必ず探しましょう。

”石の上にも3年”という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。

日本には「石の上にも三年」という教えがあります。現在の社会では「終身雇用制度」が過去の物となっている現在、転職というのは一般的な事柄となってきています。ただ、「転職」が誰にとっても身近な存在になったからといっても、安易に考えるのは厳禁です。実際に転職したいなら、時期を捉える必要があります。最初に、今現在の職場、仕事について全般的に、例えば仕事内容や待遇面について不服に思っている点を5~10個ほど、紙とペンを使い、リストにしてみましょう。そうすることで、転職を決断することです、そして、将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、できるだけ早急によりキャリアアップできるように、トライしていることも大切です。