未分類

未分類

転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうなら…

近いうちに転職活動を考えている人で次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら、ぜひ「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。あなたが勤めている企業側がきちんと雇用保険を払っているところであれば、必ず失業手当を誰でも受け取ることができます。また、手続きに関しては「ハローワーク」で行います。
未分類

再就職のための採用面接では、中堅企業クラスの場合、その社内の「人事」担当が面接官になります・・

転職の際に必ず受けることになる面接では、小規模業者だったらおおよそは「人事」が面接担当ですが、100%ではありません。実際に今後一緒に仕事をする作業部署の一番偉い人、わかりやすく言うと管理職クラスである部長や課長が面接担当になる可能性もあります。とりわけ、営業系や事務系などのジャンルでは、資格などで人の良し悪しを判断しづらいのできちんと自身をアピールしていくようにするべきです。
未分類

この先、私たちの労働環境において、今以上に単純な仕・・

私たちの労働環境は、将来的に確実に単純作業は機械に置き換わって当然の結果として稼働人口はどうしても減っていきます。なぜなら、単純労働については、人が作業するよりも機械で作業するほうが比べられないほど利便性にすぐれているからです。数をカウントしたり、同一の動作を繰り返すのは機械では当然問題ありません。もちろん人間とは違って愚痴を言わず、ペースが変わらないし、誤魔化すこともないし、早いし均一だし、そして、賃金を渡さなくてもいいのがメリットといえます。
未分類

自らが転職を考えていた時期にかなり多くの人材紹介会社に登録していのだ・・

私が転職を考えていた時期にかなりいくつかの人材紹介会社に登録していのだが、その時に特に感じたのは転職のアドバイザーのレベルが本当に多種多様でほぼ不満足を感じる方ばっかり。こちらは人生かかっているのにもっと熱心に向かい合ってほしいという感情がこみあげてきてしまいました。
未分類

派遣として働いています。派遣法とか労働契約法の関係・・

派遣として働いています。派遣法とか労働契約法のからみで残念ですが長く務めてきた会社での仕事がもうすぐ終わります。仲間の派遣社員の中には派遣で働いている会社で直接雇用のポストを獲得した人もいるのですが正直仕事ができるわけではなく派遣先上司へのあしらい方がうまくてそのおかげで採用されたみたいです。
未分類

今現在の会社や企業の雇用形態が変化したことを、34歳ぐらいまでの若い・・

このようにここ数年の労働背景の慌ただしい変化において、全世代の中で若者の世代が特にチェックし、気にかけているようです。おそらく、将来を見据えた動向なのでしょう。こういった理由から労働者・サラリーマンなどの「流動化」が活溌になっているので、一層、この先、転職への関心が強くなっていくでしょう。
未分類

近時は、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりし…

最近は、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり、労働条件についての取り締まりが強くなったり、社名の公表がなされるなど損をするシステムができてきましたが、まだまだパーフェクトとは言えないのが現状です。ですが、実際に入社するまえの面接時に「ブラック企業」かどうかを見破る方法があるので、まずは理解しておきましょう。
未分類

昔務めていた会社で性格のきつい上司に悩まされて、その・・

就業していた会社で感じの悪い上司の存在に神経を使い、我慢できずにその会社は辞め、同業者の別の企業に移りました。転職先の会社では気分よく働くことができてとても満足のいく日々でしたが、徐々に業績が落ち込んで、結局は経営統合されることになりました。奇遇にもその統合した会社がなんと前にいた会社で、その上感じの悪かった上司が再び私の上司となることに。
未分類

求人誌をチェックする時、例えば、デスクワークが希望だからと・・

求人情報を見る際、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思っている人ほど製造業の項目を読み飛ばしていたりするものです。そういった人の多くは「製造業は現場で製造する仕事しかない」と勝手な思い込みで認識している場合もあります。現に、製造業での求人であっても現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、総務などのスタッフ募集をはじめ、資材、購買、営業管理といった「オフィス系」に準ずる部署もたくさん存在します。
未分類

転職しようと思うなら、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いです。

転職の意思があるのなら、「年収」を高望みしないほうが無難です。ことさら、初年度はほとんど「試用期間」が入っている場合がケースが少なくありません。自身の事例では、尽力して転職したのに、期待とは裏腹に年収が前職とほとんどイコールでした。そのうえ、業務内容もきつく、たいへん責任重大な立場でもあったので、最初の一年を乗り切るのにたいへん苦労しました。