未分類

転職をする活動を行う際は、最初にゼッタイに心のう…

転職のための活動中はとにかく、最初に常に心が慌てないということを大切にしましょう。働きながら転職をする活動をする場合はあんまり気にしなくても良いとは思いますが、退職してしまってから行う場合だったら、かなり心のうちが焦りが出てしまいます。であるので、気持ちを抑えつつ、活動してみましょう。
未分類

仕事を変えようとするときに、勤務中の会社を辞職して…

転職を考え始めたときに、まずは働いている会社の退社手続きを終えてからと思っている人もいるようですが、そうならば会社がいつボーナスを出すかを事前に確認しておくのが無難です。社員にボーナスを支給する企業はそこら中にありますが、社員にボーナスを出す会社の場合には、ボーナスをゲットできる日が目前に迫っているのであれば、ボーナスが振り込まれた後で辞める意向を伝えるという手も賢いやり方です。
未分類

転職のために現在勤務している会社を退社する時に失業保険に関する手続きを行う必要がありますが・・

転職のために今務めている会社を辞める時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、もし自発的に退職願を書いて会社を去る、いわゆる「依願退職」の場合にはすぐさま失業保険が給付されるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが確認されてから3か月待たないと受け取れないのです。
未分類

転職をするなら、言うまでもなく仕事におけるやりがいアップと一・・

転職先を選ぶのに、もちろん仕事におけるやりがいアップと一緒に収入が上がることも大切なポイントなので「年収サイト」に登録して前もって調査をしています。全く一緒の会社でその上一緒の職種、経歴なのに人によってすごく違いがあることも多く、ぶっちゃけて言えば面接の時質問したことがあります。
未分類

前は「転職サイト」に頼るよりいつも「ハローワーク」に相談していました。

今までは、「転職サイト」よりもいつも「ハローワーク」を利用していました。どうしてかというと、有名な「転職サイト」は、システム上、都心部にある会社の求人ばかりだからです。このため、転職時はいつも「ハローワーク」を使っていました。やっぱり、人気の転職サイトに掲載されている求人よりいくらか給料や労働条件で差がありますが、古くから地域に根ざした企業もあり、探しやすい魅力があります。
未分類

いよいよ転職することを考えているのなら、今現在の職・・

今から転職をするのなら、現在の業務や仕事の何に不満を感じているのかをリストアップしてみましょう。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。元々気に入らないことがあるから転職しようと思われているはずです。しかし「ちゃんと業務や仕事の客観的に考えた不満を挙げる」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。
未分類

転職する際に行われる面接を受ける時につけていく腕時計です・・

再就職時の面接につけていく腕時計の事についてですが、明らかに目立つ腕時計は避けたほうが最善といえます。この場合の、目立つを詳しく言うと高そうに見えるデザインだったり、といったことだけではなくそれとは反対にチープに見える腕時計の印象を持たれてしまうとか、そういった目を惹くということで正反対で目立つ、ということで覚えておきましょう。
未分類

近頃、インターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社もたくさんあります。

近頃、ネット上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングを専門に行う会社もたくさんあります。「特許」を出すと、連絡が来ることが期待できます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許出願を行った人に加えて、研究開発で論文を出した経歴のある人や、マスコミで紹介されている人など、「業績」を残した人に狙いをつけ、電話・メールで接触し、ヘッドハンティングのための理由にしています。
未分類

現在の仕事をしながら転職活動をする人は珍しくありません。

転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人は少なくありません。けれども、仕事を続けながら求人情報の応募に走ったり、面接に臨む、というのは消耗が激しいといえるでしょう。転職活動を行っている間は、現在の職場の同僚や上司にもバレないようにやり過ごす必要があります。先のことを考えずに応募する、という人がいますが、もしも、書類選考をパスし、面接に呼ばれた直後、「辞退」したとしたら、今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。
未分類

転職する活動中に、「私はかつて、こういう仕事をしてきました…

やっている転職活動で「今まで、こういった職場の仕事をしてきました」「これまでにこういったスキルを得られました」と過去の自分自身の実績などをがっしりアピールする人はしばしば見かけます。ところが、応募し再スタートを図る環境下で「こういったことをしたい」「私が触れたような内容の事なら貢献できるに違いない」と将来のプランを話してアピールを狙ったほうが過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。